新しい表示のブログで。


 [セレンゲティ国立公園]  [サファリ] 
アフリカ旅行へにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ

%e3%81%8a%e4%bc%91%e3%81%bf%e3%82%ad%e3%83%aa%e3%83%b3dscn0516

お久し振りです。ちょっとブログの形式が変わりましたが、元の
会社にまだしつこく、くっついていますので、と言うかITは苦手
なので、優秀な若き現スタッフに文章内容以外は全てを託して
います(汗)。

ちょっとスッキリし過ぎて物足りない点も・・・。そう没個性化?
(今までの偏った個性が消失(笑)した
かもと)。

さて本題に戻って久々にアフリカ・サファリに関しての話題に
進みましょう。

そう昨7月のセレンゲティ国立公園サファリ三昧13日間徹底
サファリでは、ラティマ・ヒポ・プール
へ向かいました。普段は、
ここではカバは見たく
ないと仰る方が多いので、滅多に行か
ない場所
です。

今回は乾燥が激しく、少ない水辺で沢山のカバが案の定ひし
めいていました・・・。

柵が設けられているメインの観察場所ではなく、ちょっと左手
の雑木の中から見ようとしました。

突然、一人の白人男性が崖方面からこちらに逃げ込んで来て、
目の前で転倒しました。

直接追い掛けて来た相手は確認出来ませんでしたが、私達の
ドライバーD氏は、その一部始終を観察
していたそうです。

そうです、相手はアフリカ一怖い動物と恐れられている ”カバ”
でした。

彼らがひしめいている川辺から、私達のいる崖の上までには
多少の高低差があり、傾斜もあって、一気に彼ら
が上がって
来れるとは思いませんが、何しろ血相
を変えて逃げ込んで来た
白人の様相からすると、
かなりの切羽詰まった感じだったのでしょう。

後から思うと本と逃げ切れて良かったかと。かなりカバ達が吠えて
いましたから・・・。

ドライバーD氏は白人男性には崖に近づかないようにと再三注意
していたそうで、その時点で既にカバは彼を威嚇しており、かなり
興奮気味だったそうです。

カメラを構えていると、ついついの気持ちが生死を分ける事になる
かもしれません、気を付けましょう!

写真は、ぐっすりお休み中のマサイ・キリン。これ1頭だけでなく
数等が大人も仔供もちょと離れ離れでしたがお寝み中でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です