続 ボツワナ紀行


にほんブログ村 旅行ブログ アフリカ旅行へ[サファリ]  [セレンゲティ国立公園]  にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ

1-DSCN9154

今回のボツワナ紀行ですが、勿論、幾つか鮮明な衝撃的記憶と
なっている事柄があります。

その中でもっとも衝撃的で披露していないお話があります!ただ
これは、かなり物議を醸してしまう話かなと思います・・・。

ボツワナは今は野生動物のHuntingは禁止しています。先月、
大統領選挙で再度選出され、現役を通している大統領自ら野生
動物保護に関心を示し、国策として観光業にも力を入れ、薄利
多売ではなく厚利少売方式を取っています。

そんな一見優等生のボツワナですが、今回滞在した1つモレミ
動物公園、常に2,3位の人気を競う廉価版のテント式 camp での
お話です。

びっくりしたのはそこで滞在最後の夜でしたか、その最後の夕食
に出て来たのは何と、スプリング・ボックのカルパッチョの前菜だっ
たのです。

テーブルでその日のメニューがシェフによって読み上げられた際、
不覚にも何のお肉か良く聞き取れませんでしたが、確かにカルパッ
チョと言っていたのを食してから思い出しました。

焼いてあるならいざ知らず、イエそんな問題ではなく、野生動物の
肉の狩猟や売買が禁じられているボツワナで、何故野生動物、
しかもこの自然の真っ只中のcampで何故生肉なのか?

同じテーブルに座ったcampのマネージャーの1人KB氏は総て南
アフリカから輸入しているとの事。

それではHuntingを禁止し、取引・売買を禁止している表向きとは
真逆の裏事情。動物保護も全然意味が無いと・・・!

ツアーのお客様方は殆どが、野生動物保護に賛成の方、しかも生肉を
食したいとは一切お考えでない方々ばかりでしたので、動物名が出た
途端、皆様食すのをお止めになりました。

写真は、ディスプレイ中の鳥!まだ鳥名は調べていませんが、あっと
言う間の出来事で辛うじてこの1枚が許せる程度で(涙)映っていました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です