ボツワナのサファリ環境


にほんブログ村 旅行ブログ アフリカ旅行へ [サファリ]  [セレンゲティ国立公園]  にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ

改プロポーズ♂♀嶋田繁様

東部アフリカのサファり、特にタンザニアは管理が行き届いている
と思いますし、実際現地でもその規則や条件の厳しさを目の当たり
にする事が多いです。

それに比較して、南部アフリカ、特昨今人気の高い、ボツワナでの
サファリ事情は意外と知られていないので、敢えてここで勉強(!?)、
ご紹介致しましょう。

先ずは、ボツワナの国立公園ですが、ボツワナ野生生物・観光・
環境省とでも訳すのでしょうか、そちらの発表によると、数は僅か
3つ、チョベ国立公園、マカディカディ/ナイパン国立公園、カラ
ハリ・トランス・フロンティア国立公園です。

その他に狩猟保護区(GAME RESERVE)として、中央カラハリ・
ゲーム・リザーブ、Khutse ゲーム・リザーブ、モレミ動物保護区です。

更に、EDUCATIONAL GAME RESERVE(教育用狩猟保護区)
とでも訳すのでしょうかハボロネ・ゲーム・リザーブ、マニェラノン・
ゲーム・リザーブ、マウン・ゲーム・リザーブ(マウン・エドゥケーショ
ナル・パーク)、フランシスタウン・ゲーム・リザーブがあります。
こちらは所謂動物園のような存在でしょうか?

そもそもボツワナの国土面積は約600万平方kmで世界44位、日本
は62位ですので人口密度から言ってもかなり大きい国です。その
17%が政府から指定された自然のままの指定保護区となっています。

先ず入園料や入園規則はやはり厳しいです。入園届け出は約1年
前から行なわれ、併せて収容人員の規制・管理も行なわれています。

ちょっと長くなりましたので、今回はここまでです。中途半端で終わっ
てしまって申し訳ないですが、キャンプ状利用に関しても、かなり厳し
い規則となっていますので、むしろ次回も興味深いと思います。

写真は、アフリカ初心者が先ず一番に覚える鳥でしょうかね~。
プロポーズする ( アフリカ ) 西ライラック・ブッポウソウ。こちらも数回
程掲載させて頂いているお写真で、ご提供はSS様からです。ありが
とうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です