サファリ・ツアー作りに必要な宿泊先の選別とその判断基準は・・・。


[サファリ]
[セレンゲティ国立公園]
にほんブログ村 旅行ブログ アフリカ旅行へブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ

1-撞木鳥2

11月前後の出発の念願のボツワナ・サファリ・ツアーですが、
今現在、元在籍していた会社、道祖神に依頼・手配をして
貰っていますが、希望した宿泊先が11月初旬は一杯で取れ
ないとの事で、どうやら10月25日が出発日となりそうです。

余り11月も押し迫ると今度は雨季で動物達の動向が気にな
りますので・・・。でも、やっぱり10月と11月では価格が・・・!

勿論、現地宿泊先の候補地としては、2012年にボツワナ・
サファリ・三昧で選択した場所で、ドライバーや動物達の
環境にちょっと感動を覚えた KWANDO LAGOON です。

今回は、3箇所で各3連泊とは予算的にかなり厳しいという
判断の元、2箇所になりそうです。

ところが、その2カ所目はセリンダ地区ですが、ナショジオ
のカメラマンも絶賛 ?! するところです・・・。

8人しかお客さんは泊まれず、それにガイド部屋1部屋です。
設備はかなり立派で、そこまで立派でなくても、と思うのです
が、野生動物の環境が素晴らしいとの宣伝文句につい乗っ
かってしまいました・・・。

以下がその宣伝文句です。又 url はこちらです。

2008年6月にオープン。ナショナル・ジオグラフィック・アド
ベンチャー・マガジンの2008年11月版では、世界のトップ
50エコ・ロッヂの一つとして表彰されました。

その旧名は Zibadianja Camp です。発音が難しいので
Zarafa Camp に改名、改修工事が行こなわれて再度誕生
となったそうです。

野生動物が常に観察出来るよう設計され、又サファリ中は
無料のカメラ機器が貸し出され、滞在期間中は利用可能
だそうです。

サファリ中の車内(トヨタの4輪駆動車)にも、バック・パック・
カメラが備えられており、一脚、ビーンズ・バック、キヤノン
D40のカメラ、100-400Lの望遠ズーム・レンズ、28-135mm
ズーム・レンズ、メモリー・カード、全ての画像をダウンロード
出来る無料のサービスがあるそうです。

又アクティビティーとしては、車利用のサファリ、徒歩サファリ、
カヌー・サファリ、ナイト・サファリと一通り可能です。

徒歩サファリにはプロフェッショナルなガイドが同行し、銃を
持参したガイドも同行します。

ま~ここら辺までは大体何処も一緒です。勿論位置により陸
性動物だけとか水性動物だけとか限られるところもあります。

次回はもう少し動物と実際の camp のご紹介をしましょう。

写真は、東西南北、結構ちこちで見られるシュモクドリ。水辺
にいるのに大きな寝床はヒョウの格好のお休み場にも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です