タンザニア・セレンゲティ、ンドゥトゥ地区サファリ報告 4


1-DSCN8019

 

 

 

 

 

 

 

[サファリ] ブログ村キーワード
[セレンゲティ国立公園] ブログ村キーワード
にほんブログ村 旅行ブログ アフリカ旅行へブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ

さて次なる掲載ブログ内容は、今回のリベンジ究極の
タンザニア・サファリ14日間ツアーでもっとも反省
すべきだった点です。

何とチーターの頭数が帰国後やっと判別した事です。
全部で16頭だった?とか・・・。

ちょっと油断すると、同じチーターの親子だったのか
観察出来た地域だけでは判別が付きません。もっと
更なる個体識別の勉強が必要と痛感しました。

最も、一介のドライバーも当然分からないでしょうし、
チーター・プロジェクトの発表により明確化?しまし
たから。

もっと情報を早く公開して欲しいものですが、それも
チーター保護のためには、一時は隠していかないと
チーター達に取っても、大きなリスクが伴うんでしょ
うね、つまり観光客の皆さんが、是非共小さな仔連れ
を見たいとそこへ集中し過ぎてしまうためのストレス
です。

発表は、3頭x3組+2頭x2組+5頭1組から2頭が
ロストとなる計算でしょうか?でも何か合わないで
すね・・・。

5頭の報告は今回はじめての報告だそうで、我々と
ほぼ同時期に見ていたと見做して良いでしょう・・・。

写真は5頭仔連れの母仔ですが、この母親はこの
仔供達を移動させるのが初めてなのか、かなり神経質
で、仔供もすぐ草丈の高いbushへと逃げ込んでしまう
ので言い訳ですが、中々ピンを合わせられず、仔供
の頭数も最大4頭にしか一緒になってくれませんでした。
でも一応この時は、4頭を確認してます・・・(汗)。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です