”壮大なタンザニア・サファリ 12日間” ツアーから無事戻りました~。


 

[サファリ] ブログ村キーワード

お久し振りです。やっとブログに戻れました。お待たせ致し
ました。

今回の 壮大なタンザニア・サファリ・ツアーも昨年同様、
イエ残念ながらもっともっと乾燥していました~。

ナイロビ空港は相変わらず?、8月7日の国内線ターミナルの
火事の後と同様ずっと、アラブ風の大型テントが幾つも並び、
入国審査手続、荷物の引き取りもテントの中と、仮の状態の
ままでした。

通関したと思えば、外は鉄分を含んだアフリカ特有のラテ
ライトの赤い土埃の舞う物凄い状態の中、膨大な数の車が
ひしめき合い、その中を行きかう人、人、人で一杯でした。

車は駐車出来ずに、グルグル周囲を循環して待ち続けてい
ますので、更に混乱状態に・・・。

かってナイロビの兄弟会社のガイドが立っているのを見付け、
タンザニアの現地提携会社に連絡して貰い、やっと出迎えの
ドライバーと合流。這々の体でこの凄まじい環境の中から
抜け出しました。

そこからは順調で、火事の状況が分かる程度に、空港をほぼ
一周して、何とか空港外に出る事が出来ました。

帰国時はテントを通らず、ターミナル内で出国手続き、更に
免税店にも行ける状態でした。勿論ゲート10番以降は閉鎖
されていましたが、何とか出国時、空港内でお土産物を買い
たい と云う欲求は満たされたようです。

タンザニアのアルーシャまでの道は相変わらずで、所々未だ
工事中でした。特にアルーシャまでの道の一部は、道の両脇
に再度 側溝を作っていました。

しかし分からないのは、何故一辺に作らないのかですね!

ナイロビ到着は朝早いので、アルーシャにはお昼前ゆったり
余裕で到着。楽です。

さて肝心のサファリ行のレポートは明日から・・・です。

写真は、飛行機の窓から撮ったのでちょっと見難いですが、
今回08:45頃アルーシャの国内線空港からセレンゲティへ
向けて飛び立ち、十分後位に全容が見られたタンザニアの
誇るアフリカ一高い山、キリマンジャロ山!今回も一段と
雪冠が少ない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です