ンドゥトゥ地区のニュースの続き


さてネコ科の話はと言うと、先ずライオンですが・・・。

マーシュ・プライドのアフロディーテ、名無し、スポット
とノッチの雌ライオン達は、4組で合計10頭のカブが誕生
しました。

その親達と仔供達の、愛情溢れる触れ合い等を間近で見て
過ごす時間は、とても楽しいです。

狩りで捕まえた水牛に噛み付いたり、タックルしたり、脚
をねじって引っ繰り返したり、もつれ合ったり・・・。

ビッグダディの尾っぽにすら同じような事をして、遊んで
います。

とある英国人動物生態研究家は、アフロディーテの2頭の
仔供達にビーナスとバルカンと命名し、個体識別用の写真
を撮っています。

ロッヂの周辺のマーセック・プライドは生後16ヶ月で7頭
のカブがソロソロ狩りの練習です。まだまだ連数で本気で
はありませんが、どんどん力を付けているようです。

さて今回はちょっと長くなったので、ここまでです。
最後に一言、9月の”壮大なタンザニア・サファリ12日間”
にやっとお一人ご希望者が・・・!嬉しくて、飛び上がり
そうです !! ご参加ご希望ありがとうございます !!

万が一このブログをご覧になられたら、感謝・感謝の気持
ちで一杯ですと申し上げたいです。

今回お誘いしてお忙しかった方々、又次回(あるのかしら ?)
是非ご一緒して下さい、お願いします。

写真は今回ンドゥトゥから送られて来た記事中の写真です。
どのプライドなのか・・・?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です