続イエローストーン雑感


https://www.facebook.com/index.php

しつこいですが、今回鳥が余り良く見えなかったのですが、
アフリカにいる百舌鳥の仲間マグパイがアメリカにもいる事
を発見しました。

ところが飛んでいる様を見ると、光線の関係か、一見同じ色合
いで同じような配色に見えますが、何と実際は、羽の色がアフ
リカのように黒と白が主ではなく、濃紺と言うか、紺碧色と言
うか、2色のブルーの濃淡色の背中と羽、そして尾羽が青緑色
でした。

何とも美しく、もっと現地で良く観察すれば良かったと後悔し
ております。

もっとも飛んでいる時は、そんな色合いに見えなかったので、
ガイドのジョージ氏の説明を聞き流していたのですが、帰国
後(遅い!)図鑑を見てから分かりました。あの時の説明通り
でした。

そして最後の日、我々がボーズマンへ戻る途中、素晴らしい
報告が聞けました。

ジョージ氏の奥さんはまだ現役のレンジャーでイエローストーン
国立公園で働いていらっしゃいますが、朝5時頃、ご自宅のガー
ディナーの町から数キロの所で、何と、あの奇跡のマウンティン・
ライオン、即ちピューマをご覧になったそうです。

羨ましい~!!

最近は良くこのピューマの話が出ます。昔より少し見易くなっ
たのでしょうか・・・? 又、もっと素晴らしいのは、リンクス、
山猫も見られるとの事! 是非滞在型でじっくり観察してみたい
ものです !!

イエローストーンでは、イエローストーンならではの動物を
イエローストーンならではの形で観察する事でしょうね!

写真左は、モンタナの 美しい Black-billed Magpie。右はアフリカ
のマグパイ・シュライク(白黒尾長百舌鳥)(下段右から2番目)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です