サファリで動物写真を撮る


https://www.facebook.com/index.php

先日、とあるお客様からご紹介頂いた方とお話しをしており、
サファリで動物写真を撮る事に関して、かなり違和感を覚え
ました。

最初は、昨今のサファリのツアーを作っている旅行会社やそ
の社員や添乗員さんが  ”サファリ”や”動物の写真を撮ると
言う事””動物そのもの”に関して余り関心がなく、むしろ、
全然意に介していないと言う点で一致していました。

がその後、ふと疑問を感じました。

その方が仰ったのは、その退屈な状態から脱却のため、例え
ば、ドライバーが象が怒るようにし向けて、その迫力ある
場面を撮れて良かったとか、別途録音した動物の声を被写体
たる動物に聞かせて、その不自然な反応を撮らせるような、
やらせの行動を良しとされたからです。

最後には、車から降りたりして撮れれば・・・と、かなり
危険な事をお話しされました。

びっくりです! そんな事をしたら、それこそライオン等の
場合なんか、喰われてしまうかもしれません・・・! 象だっ
て大変危険です! 

池田が最近サファリの添乗で時々感じていたのは、多分この
違和感だったのかなと納得しました。

動物が出て来ても、車内で他の方と全然関係ないお話に耽る
方、動物の拙い説明で少しはお役にと思って、その動物達の
最低限の特色等をお話ししても、全然興味をお持ちでない方
が増えたような気がしました・・・。

とうとう、ドライバーがサファリ・マナーに違反してでも、
お客様のご機嫌取りに走り、生死の危険を侵す事になろう
共、お客様の勝手な行動を承認・黙認してしまうのでしょう
か ???

写真は(株)道祖神のお客様レポートでも掲載させて頂いた、
橋本 和乃 様のセレンゲティ国立公園でお撮りになったサドル・
ビル・ストーク(黄鞍はし鴻)。自然で撮る楽しみが、サファ
リの醍醐味だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です