又サファリ・ドライバーの昔話です・・・。


https://www.facebook.com/index.php

まだ何処からも新しいニュースが来ませんので、昔話を・・・!

1989年以降からずっと、池田が懇意にしていたドライバーが、
彼のドライバーとしての希望をある日、ポツリと教えてくれた事
がありました。

東部アフリカでは、ドライバーが運転と共にサファリ・ガイドも
行います。訪れる観光客の殆どが、一過性の観光客で、見る
動物も ” ライオン ” や ” シマウマ ”だけで満足してしまうお客
さんが多いでしょう。

ですが、時に地味で小さな鳥やちょっとした植物の名前を質問
してくるお客様のために、先ず動物の特色を覚える。更に雌雄
の区別からその特色を。でも動物は簡単!希少な動物は図鑑
で覚えれば良い。

次に鳥! これも雌雄の他に幼鳥や成鳥だけでなく、沢山の
ステージでその特色があるので、非情に難しいが覚え甲斐が
あると。そして最後に、植物だと・・・。

鳥よりも一層難しいのは、確かに植物ですね。

それでも彼の知識は確実でした。あれは何?と質問して殆どが
即答でした。

又以前、ンゴロンゴロで専属でドライバー・ガイドをしていた別の
ドライバーは、鳥類図鑑の何頁の何番とまで教えてくれました・・・。

その彼はやはり昔、一緒に仕事をした事があり、今最近は殆ど
訪問しない、マニャラ湖の早朝サファリで、ヒョウを1m未満の
至近距離で、しかも後少しで公園出口の道路脇で見た仲間です!

昔は今のように無線も、携帯電話もなく、出発前、レンジャーや
他の会社のドライバーから情報を聞き出して、ドライバーが自分
の目と耳とで確認して、サファリをしたものでした。それこそ野生
そのものでした !!

写真はライオンの赤ちゃん。赤ちゃんはお乳が欲しいとねだって
いるのか、可愛らしい表情です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です