写真専科 緊急企画 10月のサファリ


https://www.facebook.com/index.php

今10月下旬と12月初旬に写真専科・緊急企画でサファリ・ツアー
を企画しました。サバンナの真髄に迫る! コースで、少人数で
添乗員付き。じっくりと被写体に迫り、カメラ・サファリを徹底的に
楽しもうと言うコンセプトです。

勿論カメラを撮らない方でも是非のご参加お待ちしております。

第一弾10月下旬のコースは、タンザニアのセレンゲティ国立公園
に的を絞って、オフロード可能なンドゥトゥ地区から北東部へ向かい、
ヌー(ウシカモシカ)が再度川渡りをして、タンザニアへ戻って来る
地域をtryします。

但し、こればっかりはヌー様のお気持ち次第! 神経質な彼らは
静かで見晴らしの良い場所を選択して、1日50km程も移動します。

5~7月セレンゲティ西部、ウエスタン・コリドール地区からケニア
へ向かい、雨季の後の7~9月を暫しケニアで楽しんだ後、セレン
ゲティに再び戻って来ます。

北東部には9月から11月に掛けて、彼らの群れが集中する様が
見受けられます。

そしてご存知のように、11月~3月ンゴロンゴロ地区からンドゥ
トゥ地区、更には南部クスィニ地区へ向けて長らく滞在し、出産
そして子育てで、緑の栄養価の高い草を食み続け、滞留と小規
模な移動を、かなり長期間に渡って繰り返します。

その後再度、西部地区へ向かい、再びケニアへと周回を繰り
返します。

今までケニアでしか取り上げられて来なかったヌーの川渡り、
神秘的な自然の営み、そんな彼らの激しい川渡りの様子が
間近で見られると良いですね。但し過度な期待はご法度です。

ヌーが沢山集まっているところでは、小動物達は遠巻きにして
います。当然ネコ科も然りです。ですのでどんな被写体でも、
しっかりチャンスを逃さないよう、見定めてサファリを積極的に
楽しみましょう。

ツアー詳細は道祖神の特選ツアーHPにも掲載しております。
是非ご参照下さいませ。

写真:渡り始めはこんなもの! こんな浅く、平坦な場所なら、
危険は大きく回避出来そうですが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です