タンザニアで最も流通している500TSHSが


https://www.facebook.com/index.php

今2012年年度末までに、500タンザニア・シリング紙幣がコイン
になるとの事です。今年度初頭からは、画像を一新した紙幣が
出回っていましたが・・・。

500シリングはタンザニアで最も流通している紙幣であるために、
他の紙幣よりも傷みやすく、傷む度に交換しなければならないが、
硬貨にする事によって、長期間に渡って使用する事が可能になる
という。

タンザニア銀行によると、紙幣の交換頻度が、7ヶ月毎なのに対し、
硬貨の交換頻度は7年毎で、今まで、7ヶ月毎に500タンザニア・
シリングを印刷して来たが、硬貨にする事によって、7年毎の再
発行になり、経費削減にも繋がるとの事。

500シリングが現地では最も使用されるというのは、一過性の
観光客にとっては余りピンと来ないかもしれないですが、以前、
まだドルが100円台の際には、結構、枕チップやらポーターへの
チップやらで活用していました。

最近は1ドル≒80円台に突入し、タンザニア・シリングは1ドル
≒1650シリングにも及び、観光客にとっては500シルは余り出番
が無くなって来ています。

以前のタンザニアは1600シル位になると通貨調整で何度も切り
下げになって、その度にお札が紙屑同然の価値となり・・・

写真は現在の一番新しい500シリング札です。゙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

タンザニアで最も流通している500TSHSが


https://www.facebook.com/index.php

今2012年年度末までに、500タンザニア・シリング紙幣がコイン
になるとの事です。今年度初頭からは、画像を一新した紙幣が
出回っていましたが・・・。

500シリングはタンザニアで最も流通している紙幣であるために、
他の紙幣よりも傷みやすく、傷む度に交換しなければならないが、
硬貨にする事によって、長期間に渡って使用する事が可能になる
という。

タンザニア銀行によると、紙幣の交換頻度が、7ヶ月毎なのに対し、
硬貨の交換頻度は7年毎で、今まで、7ヶ月毎に500タンザニア・
シリングを印刷して来たが、硬貨にする事によって、7年毎の再
発行になり、経費削減にも繋がるとの事。

500シリングが現地では最も使用されるというのは、一過性の
観光客にとっては余りピンと来ないかもしれないですが、以前、
まだドルが100円台の際には、結構、枕チップやらポーターへの
チップやらで活用していました。

最近は1ドル≒80円台に突入し、タンザニア・シリングは1ドル
≒1650シリングにも及び、観光客にとっては500シルは余り出番
が無くなって来ています。

以前のタンザニアは1600シル位になると通貨調整で何度も切り
下げになって、その度にお札が紙屑同然の価値となり・・・

写真は現在の一番新しい500シリング札です。゙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です