ちょっと古いですが3月後半のボツワナ情報


https://www.facebook.com/index.php

今日25日付けで3月後半の Kwando Lagoon 他の情報が入って
来ました。

ライオンの新しいプライド、大人4頭と2頭のカブは上旬に巣穴で
なく他の地域へ移動しました。暫し狩りに成功していない様子なの
でまだ彼らの領土をこそこそしているかもしれません・・・。

3頭のチーター兄弟はやはり初旬に見られたが、その後北部へ
向かいまhした。更に珍しい猫科のカラカルは かなり目撃されて
いる。

その他、リカオンに樹上に追われた雌ヒョウを含む数頭のヒョウ
が目撃されました。リカオンは直ぐに諦めて移動しました。雌
ヒョウはその50m近辺に置いていた獲物のインパラを樹上に
持ち上げる事に成功しました。

更にその日の午後、リカオンは彼ら独自でクドゥーの狩りに成功
しました。

又昨年から観察されていたリカオンの子犬達は皆生き残っており、
大人の大きさに追い付きそうである。今現在はパックと一緒の行動
を取っているが、彼らは数日置きに北西に戻って再び、クワンド川
の土手を移動、Lebala Campに向かって行くとされています。

リカオンは追跡がかなり難しいですが、これはトラッカーとガイドの
チームへ大いなる課題を提供します。結果大きな報酬とお客様の
興奮が最大になるでしょう・・・!

2月にジャッカルの巣穴に加えて、ハイエナの巣窟が発見されました。
興味深い事に、この洞穴に2頭の若い授乳するだけの雌ハイエナ
がいるように見受けられます。

3頭のヤマアラシが立ち去った後、赤ちゃんハイエナが、穴の周り
をフンフンと臭いを嗅ぎ回り、穴から出て来るのが見受けられました。

珍しいローナンテロープ、黒テンとエランドも定期的に目撃情報が
ありました。

ちょっと長くなりましたが、さて来5月はどんな感じでしょうか?
出来ればカラカルとローン・アンテロープやヤマアラシが見たい
ですね~。楽しみです!!

写真は池田も一度も見た事のないカラカル。こちらは愛知県の
お客様が動物園で撮られたお写真ですが、今池田の机の上に
でっかいパネルで置いてあります。H様ありがとうございました。
この澄んだ灰青色の眼がなんとも神秘的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です