奴隷集積所


http://www.facebook.com/index.php

ダル・エス・サラームから北へ約75km、バガモヨと云う町があります。

個人的な事ですが、以前、西江雅之先生のスワヒリ語の授業でその
地名の意味が、”我心を此処に残す”と説明され、非常にショックを受け、
絶対一度行くべきと考えていました。

奴隷として突然故郷から無理やり連れ出され、今後取引される物品
として船積みされる前に、一旦集積された最後の土地で残した彼等の
心の叫びが地名になったのでしょう。悲しいです。

勿論この地には出向きましたが、全然この町を散策していません。
というのも後日談があり、この海岸地方の一安宿でサソリに足を喰われ、
1週間程寝込みました。ひどい体験でした。このため、キリマンジャロ山
登山も断念した経緯がありました。

ファルエスサラームからはローカル・バスがバガモヨまで行っています。
黒いブイブイを着たイスラムの女性達はその頃、石鹸を付ける事が流行って
いて、身体に付けた石鹸を水で流さずに、そのままその残り香を楽しんで
いたのでしょうか?バスの中は石鹸の匂いで充満していました。一見清潔
そうな匂いですが、やっぱり長時間嗅がされると気分が・・・。

もっとも、外人に対して、女性や子供お年寄りに対しては、非常に
親切で皆素朴で優しかったです。

写真はいずれもザンジバル島での風景。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です