サファリ中の危険(!?)2


しつこいですが、危険という程の危険は過去30数年間のサファリ
の中では本当に全くないと言って過言ではありません。

先に述べたお手洗いへ行こうとした際にライオンが正にその場に
居た~!とかはありましたが、危険は全て完璧に未然に防げて
います。

今回も奇しくも又お手洗いのでの話ですが、ンゴロンゴロの例の
ランチ・ボックスを食べるために良く使用する、綺麗な水場のcamp
サイト、ゴイトキトックでお手洗いを済ませた後車に帰る途中
でした。

お手洗いの建物の直ぐ後、崖の上に雌ライオンが数頭、下を通る
人間を興味深く、目で追っていました。これにはちょっと肝を冷やし
ました。ちょっと降りれば簡単に襲われそうな距離!

慌てましたが、運良く直ぐ側にドライバーがいたので指差しで
危険を知らせ、車を回して貰い、お客さん達を全員拾う事が出来
ました。

あの水場にはカバもいるし、水鳥やボックスのチキンを狙う黒トビ
とかがいます。神経質な黒サイですら、この水場に水を求めて
やって来ます。

ライオンは結構頻繁に出会います。チーターとかヒョウは絶対に
こんな日中、人間が沢山いる場所に近づこうとはしないでしょうが、
流石ライオン、車も人も物ともせず・・・ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。