2020年に何思う? やはりサファリの素晴らしさでしょ!


もう早2月に入ってしまいました。かなり
過去の話になりましたが、皆さんの年末
年始は如何でしたか?

お休みにかまけてTVばかり見ていましたが、
密猟者とレンジャーの番組やザンジバルの
日常を取り上げた番組等、スワヒリ語が
懐かしく、くっきりと聞こえて久々に嬉し
かったです。そうまだ聞き取りは出来る
ようです・・・。

密猟者との緊迫感の中での会話や、ザンジ
バルに住む素朴な人々の優しさ溢れる会話に、
どっと懐かしさがこみ上げて来て、人生の
終焉地はやっぱりタンザニアだな~とつくづく
夢見ています。

それこそサファリ三昧で朝から晩までネコ科
を追いかける日々でポックリとが理想でしょ
うね~。(笑)

実現性の薄い個人的な夢はさておき、幾つか
披露したい話もありますので紹介します。

今でこそ中東系の航空会社が各社ほぼ毎日
日本から東アフリカに就航していますが
私が初めて添乗に出ていた頃は、完璧に
思い出したくないパキスタンオ航空、暫く
してよりちょっと増しなインド航空等中止
になったり再開されたり、その後料金は
格安でも多少高いヨーロッパ系航空会社
も出現、それに加え、経由地が嬉しいア
ジア系航空会社、シンガポール、マレー
シア、モ-リシャス、キャセイ航空等も
かなり利用させて頂きました。

その後は現在の中東系航空会社が専らの
東アフリカへの足になりました。

タンザニア・サファリにはキリマンジャロ
空港に入れる事は理想でした。

勿論ケニアでも然り、ルフトハンザやスイス、
ベルギー、KLMオランダ航空等現在では
もう経験出来ない貴重なフライト経験もあり
ました~、懐かしい。

キリマンジャロ山の周囲を廻って両サイド
の窓側席に見せてくれたりサービス精神旺盛
なパイロットさん達に感謝でした。

更に印象に残っているのは国内軽飛行機利用
の企画ツアーで利用したプロペラ機の機長も
ケニアのトゥルカナ湖やその当時未だ噴火を
繰り返していたタンザニアのオルドイニュレン
ガイ山周遊等、素晴らしい経験でした。

ただその当時はフィルム撮影でしたのでネガ
を殆ど処分してしまった今となっては、一部
でもお見せ出来ないので寂しいです・・・。
残念!

写真は、今年もシーズンですね~。ンドゥトゥ
湖2013年、とある2月の風景です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です