タンザニアのカカオ豆


 [セレンゲティ国立公園]  [サファリ] 

アフリカ旅行へにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ

 

2月のバレンタイン時期には、ヨーロッパの超有名なチョコ会社
Gから、タンザニアのカカオ豆で作った板チョコとドリンクが新
発売と宣伝が出ていました(まだ試飲はしていませんが・・・)。

タンザニアのカカオ豆生産量は僅か約1万3000トンで、2015年時
世界17位。世界生産量1位のコートジボワールの165万トンや2位
のガーナは80万トンだそうで、希少性が高い事が分かります。

特徴はアフリカ大陸特有の力強さと、土壌の影響を受けた果実味
に溢れ、フローラルな香りを持っているとしています。

焙煎が薄めなので、ケニア豆よりは酸味が少ない感じでまろやか
ですが、個人的には市販されている豆ではまだ薄く感じるので、
再度焙煎を追加しています・・・。

更に最近は、チェーン店のコーヒーショップ、Tでもタンザニア
のカカオ豆を使用した製品を販売するようです、

ケニア国境に近いタリメ地区産です。カシスやカカオを思わせる
華やかなアロマ・フレーバーがあり、程良いコクと滑らかな舌触
りが感じられるユニークな味わいが特徴。すっきり感がありなが
らも華やかな甘みとコクを感じられ、水出しのアイスコーヒーに
してもお勧めです。フルーツそのものやフレーバー等の加工品と
併せて飲んでも美味しいですとありました。

現地アルーシャ(タンザニアの北部の第二の都市)では、メルー
産のMAA種が売られていますが、その会社の本部はケニアでした
・・・(汗)。

以前利用していたタンザニアのサファリ会社がコーヒーの輸出入
業にも営業範囲を広げたようです。出来高は自然にも大きく左右
されますので、難しい産業ですね。

写真はセロネラ・ロッヂの裏にある水場のシマウマ群。時期は、
ヌーの移動時期2月前後にみられます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です