ケニアで日本の超節水型トイレが


にほんブログ村 旅行ブログ アフリカ旅行へ[サファリ]  [セレンゲティ国立公園]  にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ

GEMC ベランダ_06cGEMC ベッド2014-08_18

GEMCヌー 2014-08_08GEMC焚き火 2014-08_12

水を自由に利用出来る国が少ない?アフリカ大陸の諸国でのお手洗
事情としては、日本製品、技術が威力を発揮しているニュースを聞き
ましたが、実に頼もしい限りではないでしょうか?

サファリに出掛けた場合、イエ海外旅行では一般的にお手洗い事情に
うんざりさせられます。正に一番気に掛かるのは、お手洗い事情と言っ
ても過言ではないかと思いますが・・・。

ま~もうかなり良くなったとは聞く中国では、かって厳冬期のお手洗いで
本当に良かったと思える程、田舎の驚愕的な状況は今でも思い出すと
身震いしてしまいます(笑)。

ケニアではお手洗いそのものの存在がないのが辛いですし、有っても
水洗で有るが故に、断水などで利用に不便を感じる場合が圧倒的です。

ケニアだけではないでしょうが、急速な都市化が進み、社会インフラが追い
付いていない。断水が頻発、衛生上の問題が懸念され、ケニアのトイレの
環境は、大量の洗浄水を必要とする旧式のトイレばかりで、2〜3回流さ
なければ完全に排出できないケースが多かったと思います。

ケニア政府が経済発展の目標として掲げる水環境改善、節水への取り組み
とも同調し、さらに都市インフラとしてのビジネス・チャンスとして大いに期待
出来ますね。応援したいです。

写真は、タンザニア、セレンゲティ国立公園の西部に位置するグルメティ
動物保護区内のエコ・ロッヂです。日本の方はまだご利用されていないかと。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です