日本の国立公園の歴史


にほんブログ村 旅行ブログ アフリカ旅行へ[サファリ]  [セレンゲティ国立公園]  にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ

青い目のシマウマCZm_Y7PXEAAxKEW

皆さんご存知のように、北米のイエローストーン国立公園が世界初
の国立公園として認定されたとされています。では果たして日本の
場合はどうだったのでしょうか。

日本の国立公園は、1934年に誕生し、雲仙、霧島、瀬戸内海等8
カ所が指定されたそうです。

その2年後には十和田、富士箱根など4カ所が加わり、十和田国立
公園が産まれ、その後1956
年に八幡平地域が加わり、現在の十和
田八幡平国立公園となり、今年は十和田国立公園誕生80年、八幡
平の追加から早60年となるそうです。

元在職した会社で企画催行していたツアー、イエローストーン国立
公園探訪で指定していた公認ガイドさん(日本語が達者)が良く仰っ
てました。

日本は知床等貴重な公園、自然遺産が沢山有るのに、殆どの方が、
国の有職者を含めて
皆さん無関心に近い!勿体無いと・・・!

本当は今回はカメラの高濃度レンズに関してを引用する筈でしたが、
ちょっと変更しました~。

写真は、最近話題になっているタンザニアで発見された退色シマウマ
です。毛色もさる事ながら、眼が蒼いのです。又黒人の子供でも実際
眼だけが蒼いという写真(事実)もあり、白人の退色化は以外につい
最近だという仮説もあるそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です