日本の旅行業界


にほんブログ村 旅行ブログ アフリカ旅行へ[サファリ]  [セレンゲティ国立公園]  にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ

1-チーhuntDSCN0307

済みません、どうしても前職業から抜け出せなくて・・・。

と言うのもちょっと憤慨しています。

今回H27年度の 「エリア・スペシャリスト 」 及び 「 トラベル・コーディ
ネーター 」 秋期養成講座のご案内とやらが、一般社団法人 日本
旅行業協会の研修・試験部から案内メールが転送されてたからです。

いつもアフリカは隅に追いやられているかもしくは全く無視ですね。

プロを要請するなら、アフリカ大陸国連加盟国だけでも54カ国ある
中で取り上げられたのが以下のたった4カ国では不味いでしょう。

且つそれもヨーロッパを3つの地区に分けた中の3番目で、イタリア・
マルタ・スペイン・ポルトガル・ギリシャ・トルコそしてエジプト・ケニア・
南アフリカ・モロッコ・UAE ( アラブ首長国連邦 ) です。

謳い文句も海外旅行で人気の高い国そして、エリア毎に観光・地理、
文化・歴史、交通・宿泊等の分野で旅行業界の更なる発展を目ざし、
お客様の信用・信頼を得るためにとなっています。

UAE以外、他のアラブ諸国は入っていませんし ( 最も今現在自由
に観光しましょうとは言えない悲惨な戦火の国々ばかりですが )、
これではちょっと寂しい限りですね。

幾ら距離が遠くても、文化的なものや国自体を認めていない感じに
思えてしまいます。

在職中、日本の関空へ一番乗りした中東の大手航空会社の営業が
のたまいました。

アフリカなんてね~、僕はイタリアで買い物とかが好きなんですよと。

だったら何故営業してるの ? と突っ込みたくなりましたが・・・。

こういう方は寄らば大樹の影で、親ガメ転けたら皆転ける内の一人
なんでしょうね~。その後どうなったか????

写真は、チーター親子。母親は狩りに成功し。幼仔のために涼しくて
安全な場所へ移動します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です