ジンバブエでライオンがハンティングに !


にほんブログ村 旅行ブログ アフリカ旅行へ[サファリ]  [セレンゲティ国立公園]  にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ

1-オルドバイ展示DSCN3659

1-オルドバイmapDSCN3660

単純に許可を得てハンティングしたのではなく、協力者2人に5万ドル
(約620万円) を支払い、餌で公園外におびき寄せた上、許可無く射
殺したという。

餌で公園外におびき寄せて密猟する手段はゾウでも頻繁に行われ
ているやり方。いずれにしても何か卑劣極まりないやり方です。

当の米国人ハンターは彼が狩ったライオンが有名な事、皆から批判
されたがために、このライオンが名前(セシル)まで付けられ人気者
だったとは知らず、命を奪った事を深く後悔していると説明したそう
ですが・・・!

このような無益なハンティングは許可を取ろうと感心しませんね。

唐突ですが、トラの日にちなんでの報告で、今現在世界の野生トラ
の棲息数はたったの3200頭だそうです。

ケニアではリチャード・リーキー博士がケニア野生生物公社(KWS)
に復活。リーキー博士は言わずと知れたタンザニア・オルドバイ峡谷
でホモ・ハビリスの発掘にあたったルイス・リーキー博士とメアリー・
リーキー博士の息子さん。

もう一人は今は知りませんが、南アで毒蛇の結成研究に勤しんで
おられた筈、もうお二人共ご高齢に、でもそれぞれのご活躍は素晴ら
しいと思います・・・。

写真は、オルドバイ峡谷にあるミニ博物館の展示物。維持の為に今
は有料になっていますが。一見の価値は有ります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です