ボツワナの経済的発展成功の理由?


にほんブログ村 旅行ブログ アフリカ旅行へ[サファリ]  [セレンゲティ国立公園]  にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ

1-ネック3

先回のお約束、何故ボツワナがアフリカで経済的に成功したか
いう理由?が掲載されていました。最後の方はちょっと過激な表現
かもとも思えますが、アフリカ好きに取っては小気味良いです・・・。

人口200万人、国土面積は日本の約1.5倍、南部アフリカに位置し
ていますが、余り知られていないですね。

最近はサファリでも知る人ぞ知るで、マニアックな方も増えて来まし
たが、宿泊施設等、ここでも何回も取り上げて来ましたが、日本人
の感覚とはちょっと異なった豪華版が多いのが難点ですね。

さて本題です、アフリカの国は何処の国も色んな意味で成長を遂げ
て来ていますが、この国は以前良く比較されていたお隣の国のジン
バブエから見ますとやっぱり成功したんだなと思えます。

ボツワナは、アフリカ人が作った自由で民主的な国で、今や政治も
治安も安定し、国民の1人当たりGDPも7500ドルと南アフリカより高く、
財政の健全性は日本より優れていると言われます。

サハラ以南のアフリカ中西部は、奴隷の供給源とされた事で人的資
本を失い、伝統的なコミュニティが崩壊。奴隷の積み出し港となった
東部アフリカでは、ヨーロッパ人と結託した一部の現地人が富と権力
を独占するようになり、歪んだ社会構造が定着。

こうした“負の歴史”とは無縁のボツワナ!は、社会的な条件さえ揃え
ばアフリカ人でも近代的な国民国家を建設し、運営出来る事を示して
いると。

その意味で、この国は「アフリカ人は劣っている」という差別・偏見へ
の決定的な反証になっている。又残念なのは、ボツワナと同じような
歴史的な幸運に恵まれた国が、アフリカには殆ど無い事だと著者は
結んでします。

写真は、又キリンのネッキング写真です・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です