セルー動物保護区の悲しい事実


にほんブログ村 旅行ブログ アフリカ旅行へ[サファリ]  [セレンゲティ国立公園]  にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ

1-hvmu_PLemonElephant6copy[1]

セルー動物保護区はタンザニアで一番大きな保護区です。又
ユネスコの世界自然遺産にも登録された公園です。即ち、世界
中で保護観察が行われている、最大の保護区でも有ります。

ところがタンザニア政府は、6000万トンの放射性廃棄物を生産
する蓄えのウラン鉱山を開鉱しています。更に又、ルフィジ川の
上流( Steigler の峡谷ダム)に発電用ダムを構築する計画です。

それは、正しくセルー北部全体の生態系を破壊する事になって
しまいます。

政府は、ユネスコの合意を得たダムの建造だと主張しているそう
ですが、それは明白な誤りですね・・・。

これらの件はセレンゲティ高速道路建設にも似て、時間稼ぎで
建設推進に押し切られそうです。

何処の国でも強引に建設する裏には何かあるんですね~。

又気になるのはこのダム建設に携わっているブラジルの会社が
汚職問題に揺れ、更にタンザニアのルフィジ開発権威(RUBADA)
事務局長に賄賂を渡す事になっていると・・・。

写真は、仔ゾウは強気(転載です)。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です