ヘッド・レンジャーになった白人女性のインタビュー・コメントから


にほんブログ村 旅行ブログ アフリカ旅行へ[サファリ]  [セレンゲティ国立公園]  にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ

10552433_854702651218077_9117421129565532658_n

私目も大分夢破れて落ち溢れ人間になっていますが、子供の頃
からシュバイツアー博士を尊敬し、アフリカが好きで、勿論動物が
大好きで、大義名分、意外と正義感が強く、人間の医者に憧れ、
獣医にも憧れ、今は一介の旅行者(社)上がりの退職者に過ぎま
せん・・・。

昔タンザニアにあるムエカ・カレッジ(野生生物管理大学)に入りた
くて交渉するも、その当時は、個人のアフリカ以外からの入学は認
められず、夢破れました。(その後は、規則が変更になり、日本人
でも成績や就学後の就職内容に関わらず、大量に交換留学時代
もありましたが、今は又静かな野生生物を管理したり保護するアフ
リカの職業資格学校に戻ったようです・・・。)

その後割と最近ムエカ・カレッジに行かれた貴重で幸運な男女に
体験訓練のお話もお聞きしましたが、やはり一筋縄では務まりま
せん。今思えば随分無謀な事を希望したものだと汗が出ますが・・・。

日頃野生動物と縁のないかなり一般的な人間が実際飛び込める
筈も無く・・・でした。

そんな経緯で、レンジャー(森林や自然公園等の警備員的役割や
ゲーム・ウォーデン(動物管理官、野生動物の保護や監視に当た
る役職)は、かなり垂涎の的な資格・職業でした。

今回目にしたのは、言語的な障害もなく、以外に簡単に飛び込んだ
白人女性のインタビュー・レポートでした。勿論簡単ではなかった
ようですが、今や10年目にして、南アの超有名なロッヂのヘッド・レン
ジャーになられ、ご結婚もされ、2人のお子さんにも恵まれていらっ
しゃるそうですから、凄いものです。

その動機も社会生活に心身共に疲れ、癒しの旅へ出掛け、研修
生活に入り、女性でこの業界初だったとか ? (最もアフリカの黒人
女性はいますが・・・)

フィールドでの実地訓練上の苦労、レンジャーとして働いた仕事上
の注意点、女性の特典を活かしつつも、やはりその点は常に苦心
されたようです。

写真は、今日FBで取り揚げられていたTippiちゃん、野生 ? の少女
の写真です。ある意味羨ましくも有り、でも動物保護に対する考え方
ではちょっと批判したくも有りですが、ヘビやカエルを愛おしそうに
頬ずりしている様は、やたら恐怖心を煽るような両親よりも素敵かな !?
と。あ~今回取り上げたレンジャーのお子さんではありません、誤解
の無きように!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です