類人猿も後数十年で絶滅する可能性・・・。


にほんブログ村 旅行ブログ アフリカ旅行へ[サファリ]  [セレンゲティ国立公園]  にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ

10509510_414489718690322_985037091839208440_n

ケニアの首都ナイロビで7月29日AFPのインタビューに応じた
著名な霊長類研究学者ジェーン・グドール博士が、 「 今行動を
起こさないと、類人猿は棲息地の破壊と密売のために、後数十
年内に消滅する可能性がある 」 と警告 しました。

タンザニアのゴンベ国立公園で50年以上チンパンジーの研究
を続けている同博士は、世界21か国に棲息するチンパンジー
の数が、半世紀前の200万頭から現在は30万頭にまで減って
いると説明しました。

国連の支援を受けて発表された6月の報告書によると、現在の
ペースでインフラ整備及び材木、鉱物、石油、ガスを含めた
天然資源の採取がこのまま進めば、2030年までにチンパン
ジー、ゴリラ、
ボノボ、オランウータン、テナガザル等、類人
猿の棲息地はアフ
リカで90%、アジアで99%が影響を受
ける事になるだろう
と予想されると・・・。

「我々人類は、統合失調症なのです。驚くべき知性を備えて
いるが、自然と調和する力を失ってしまったようです。」

人類に最も近い種の絶滅は、気候変動と地球温暖化の厳し
い警告となる
と更に述べています。

グドール博士は紛争で荒廃したコンゴ民主共和国で、同博士の
環境保護団体に励まされた子供達が、初めは懐疑的だった現地
の司令官らを説得し、地元の民兵達と山に行って植林をしたエピ
ソードに触れ、 「30分も経たない内に、兵士4人全員が武器を脇
に置いて子供達が木を植えるのを手伝った」 と。

多くの人が諦めや失望で何もしなくなってしまう。でも目の前に
ある
ものに取り組む事で、何かを成し遂げる事が出来ると話し
ました。

絶滅する動物で、チーターとハイエナがどちらも同じ状況の度合
で保護しないとならないとしたら貴方はどっちを先に保護しますか?
この選択肢は可怪しいかもしれませんが、皆が同じ事をすべきで
ないとも思えますが・・・。

写真は、今現在のタンザニア、センレンゲィ国立公園の北部の
状況だそうです。今年の8月は凄いですね~、見事ですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です