南部タンザニアの魅力を求める


にほんブログ村 旅行ブログ アフリカ旅行へ[サファリ]  [セレンゲティ国立公園]  にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ

Layout 1

さて又本題に戻り、南部タンザニアの魅力に迫りましょう。

セルーの想い出もまだまだ沢山ありますが、今回は日本人が
更に殆ど足を伸ばさない、ルアハ国立公園をやっぱり取り上げ
たいと思います。

総面積は約20226平方kmで、タンザニアいえ東アフリカ最大の
公園です。

ルアハ国立公園は、2つの季節に分かれており、短期間の降雨
がある季節は11~2月。長期間の降雨がある期間は3月~4月。
年間平均気温は約28度。国立公園内は、6~10月が乾期。

ルアハ公園は皆、ミニ・セレンゲティと紹介していますが、セレン
ゲティ国立とは少し棲息動物種が異なっています。やっぱり南部
だな~と思わざるを得ない公園です。

又赤道を挟んで、南北に数百kmに渡って植生の見られるバオ
バブの林がマニャラ湖やタランギレ国立公園と同様に臨めます。

バードウォッチにも適した571種以上の鳥類が棲息。アフリカ内外
から渡って来る鳥もいます。合併された湿地・ウサング盆地は、
バード・ライフ・インターナショナルにより、国内で非常に重要な
鳥類棲息地域(IBA)の一つとして承認されています。年間を通じ
て鳥類を目にする事が出来ますが、バード・ウォッチングに最適
な時期は雨季でしょう。

草食獣としてはセレンゲティでは見られない (!?) 大・小両クドゥー
やセーブル、ローン・アンテロープ(最近マラではしばしばソロの
ローンが見られたと報告があるようですが・・・ )が特色でしょう。

写真は、ルアハ国立公園の地図です・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です