南部タンザニアの魅力は・・・。


にほんブログ村 旅行ブログ アフリカ旅行へ[サファリ]  [セレンゲティ国立公園]  にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ

1-FH000029

池田がこのブログにサーダニ国立公園を取り上げてから、FBで
タンザニア・ツーリスト・ボードさんがサーダニを写真入りで取り
上げてくれています。

又別の記事では、ケニアの私立のサファリ会社が、ブッシュ・ベ
ビーを取り上げてくれています。

何か凄くタイムリーで、嬉しい限りです。次回はセルーとかルアハ
を取り上げてくれると良いな~と思ってますが・・・。

タンザニア国的には、歴代の在日タンザニア大使を初め、現地
から定期的にプロモートのために訪日される観光関連者の方達
も、どちらかと言うと南部贔屓ですね。

最近目に付くのは、治安の関係で観光客の減少を心配するケニア
観光局と同様に、何か必死 (!?) でマニャラ湖国立公園を取り上げ
ている事ですね。

マニャラ湖は管理が行き届いたとても良い公園ですが、かって、
カバの楽園だった頃とは残念ながらちょっと・・・、勿論初めての
方等々、1回は是非行って見るべき公園ですが。

さて今回もセルー動物保護区を取り上げたいと思います。

昔は狩猟保護区でしたので、Huntingの季節が設けられており、
動物の逃げ足が疾かった事といったらなかったです。北部での
エランドの様でした。ちょっとでも人間を感じたら即遠くへ・・・。

エランドは今だにHunting の怖い記憶が遺伝子に刷り込まれて
いるのか、セレンゲティでもマサイ・マラでも時期によっては非常
に臆病ですね。一定の距離と言ってもかなり遠くに避けて行って
しまいます。

それが今や、国立公園の雰囲気と変わらない程に動物達も落ち
着いて来ました。

又セルーは保護区ですので Walking Safari (徒歩サファリ)も
可能です。車でもボート(電動)でも陸・水両サファリが存分に楽し
めるところがちょっとボツワナにも似ている気がしますが、植生が
全然異なりますので、むしろ南国の熱帯の海岸にでもいる様な、
椰子の木と夕陽とカバと・・・。

そんな雰囲気が、更にサファリを盛り上げてくれます。

写真は、かなり昔に撮った紙焼き写真をスキャンしたものです。
こんな緑 ? ってと思えるのですが、夕陽の物がちょっと済みません、
今即見付かりません・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です