サファリで出会える代表的動物達 6


にほんブログ村 旅行ブログ アフリカ旅行へ[サファリ]  [セレンゲティ国立公園]  にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ

1-1509831_10152242314758392_6018259109755042982_n

1-sharpes-grysbok

今回は元のシリーズに戻りましょう。

先日南アフリカの Cape Grysbok (ケープ・グリスボック)なる、ウシ
科、 アンテロープ亜科、ロイヤル・アンテロープ族、 ボック属に属
する小型のアンテロープの写真を見る事が出来ました。

日頃サファリ行は仕事絡みでしたので、殆ど東部で接する機会が
少なかった故、希少な類はやっぱり万遍なく勉強しなきゃと反省し
ております。

棲息域は南アフリカの ” フィンボス ” (アフリカーンス語)は灌木
ヒースランド(独特の背丈の低い植物が群生する荒れ地、小さ
な細長いベルト状地帯に生じる植生区域)に多く見られるそうです。

南部タンザニアかザンビアに掛けては近種のシャープ・グリスボック
が見られるそうです。

ケープ・グリス。ボックスの方が珍しいようですが、むしろこのチャープ・
グリスボックの方が識別が難しそうです。

全体像からはディクディク、耳はステインボックのようです。勿論、毛
色や大きさ、角の形や長さ等微妙な違いはあるにせよ。ぱっと見では
写真ですらも迷います。やっぱり経験が少ないと自信が持てません(恥)。

ウシ科130種からウシ亜科、ヤギ亜科を除いた90種の殆どが羚羊又は、
アンテロープ
と分類?されているので、このアンテロープの亜科に属し
ているらしい・・・。

しかし最近は混合種も居るとの事で調べれば調べる程頭のなかは???
だらけです。

いずれにしても先ず写真からご紹介しましょう。

上段が、ケープ・グリスボック、下段がシャープ・グリスボックだそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です