サファリで巡り会える動物たちの特色 5


にほんブログ村 旅行ブログ アフリカ旅行へ [サファリ]  [セレンゲティ国立公園]  にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ

1-レオ様

さて今回はヒョウです。個人的にも大好きなヒョウは過去その美しい
毛皮を取るために随分と殺されて来ました。

今でも、立派に育った美しいヒョウをHuntingと言う人間のエゴイズム
のためだけに残念ながら、殺されています。

悲しい限りです。

ライオンもチーターも頭数の減少が騒がれていますが、まだヒョウは
彼らの本来の逞しさから、生き延びていると言えます。

先ずは木に登れるという事。危険が及びそうになった場合、なるべく
逃れるためにと理に適います。又顎の力が強く、狩りした獲物を他の
捕食者に盗られないよう、木に持って上がる事が出来る事でしょうか。

動物好きの方ならそんな事今更、知ってるわいと言われてしまいそう
ですね、失礼しました。

しかし実際物凄い力で餌を加えて登って行きますよね。

さて先ずは見た目の特色ですが、チーターとの違いはドット紋様では
なく、ロゼッタ模様と称される、薔薇のような模様に中心部は空間に
なっています。

ファッション界でも根強く採用されているアニマル柄ですが、時にトラ
とチーターとヒョウの紋様がごっちゃになっている物が多いですね。

具体的な特色は済みません紙面が・・・なので、次回に!

写真は、先ずヒョウの特色が殆ど全部写し出されていると思える画像
です。眼の色は灰青色がかった金色、紋様はロゼッタ模様、首の部
分はリング状の紋様がネックレスのように。耳の後ろの模様(擬似眼)
腹部と四肢の毛色は白、

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です