続ボツワナ・サファリ事情


にほんブログ村 旅行ブログ アフリカ旅行へ [サファリ]  [セレンゲティ国立公園]  にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ

1-大クドゥ

チョベ国立公園以外の国立公園は、以前にも明記しましたように、
マカディカディ/ナイパン国立公園、カラハリ・トランス・フロンティア
国立公園の3つとなりますが、動物的には、次の分類項目の狩猟
保護区をご紹介したいと思います。

特に有名な保護区はモレミでしょうか・・・。

先ず目に付くのは、バッファローと牛の共存のためのフェンスが
一部に張り巡らされている事でしょうか・・・。

1963年に承認された面積4871平方kmは、その後正式に動植物
保護協会によって運営されるようになり、
1976年にチーフス島を
含むまでに拡張されました。その後も拡張が続き、現在では
その
境界内にはオカバンゴ湿地帯の約20%が含まれています。

又保護区内の道路は柔らかい砂状道路で、4輪駆動車は必須
です。

動物的には乾季、パンが干上がると野生動物が水場に集中し、
7月~10月頃がピークでしょうか。 
5月~8月の冬の間日中は澄ん
だ青い空で(夜は非常に寒い)、心地良く暖かく過ごせるでしょう。
雨は11月から12月上旬の間に降る事が多いです。

10月中旬以降は、昼夜を問わず高温になり易くなります。又道路
は、雨季には一部を閉鎖する事もあります。5月頃でも、カカナカ
方面の道路は、水が多くて迂回せざるえを得ない事もあります。
又、この激しい雨季の期間中の訪問者の方には
マラリア予防薬を
お飲みになる事を、ボツワナ野生生物・観光・環境省が勧めて
ます。

写真は、グレーター・クドゥー(大)のオス。立派なネジレ角。
勿論レッサー・クドゥー(小)もいます(素晴らしい写真と共に説明
のある素敵なHPを参照下さい)。両者の違いは、体躯の縞模様
と喉部の白い紋様の有無で区別するのが一般的ですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です