続々ボツワナのサファリ環境


にほんブログ村 旅行ブログ アフリカ旅行へ [サファリ]  [セレンゲティ国立公園]  にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ

elephants

さて何となく、ボツワナのツアー料金が如何に高くなって来るかと
云う仕組みが分かって来たかと存じます。

では次に、具体的な公園の特色はどうなっているのかをご紹介し
ましょう。

先ずは著名なチョベ国立公園。

ここは、アフリカと皆さんが想像する観光場所の一つとして有名
です。サファリ初めてという方々が、ボツワナにも行きましたと仰る
唯一の代表的公園でしょう。

その理由は、先ずは世界3大瀑布の一つ、ヴィクトリアの滝を観光
した後に、陸路で国境を越えて、その日の内にサファリの世界へ
飛び込める公園という事です。

チョベ川に添ってのサファリは、対岸のナミビアと移動するゾウの
群れが観察出来たり、南部独特のプクのような草食獣が多く観察
されます。勿論バッファローや肉食獣ライオン等も見られます。

公園は1968年に設立され、氾濫原、湿地、森林を含む、約11700
平方kmをカバーしています。
チョベ川はその北の境界を形成し、
チョベ・リバー・フロント、Ngwezumbaパン、サブーティ、リニャンティ
公園の4つの異なる地理的領域に分かれます。

Ngwezumbaパンは、約70km南チョベ川の横でモパネ森林地帯
や草原平原に囲まれた粘土状のパンの大規模な複合体です。

雨季の間、リニャンティとチョベ川の恒久的な水源からの水で一杯
に満たされ、野生動物達も集まって来ます。

写真は、ボツワナ野生生物・観光・環境省が宣伝している写真です。
チョベ川に添って彼らも又行ったり来たりです。8月には川を渡る姿
が有名ですね。鼻を潜望鏡の様に水面上に出して渡ります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です