写真を撮る・・・!


にほんブログ村 旅行ブログ アフリカ旅行へ[サファリ] [セレンゲティ国立公園] にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へブログランキング・にほんブログ村へ

1-仔キリ7535

カメラ何て全然日頃縁のない人間が、こんなおこがましい
事をこんな風に述べるのは、もっての他で(大変図図しい)
ですが、でも感じる部分はやっぱり誰もが感じると思い、
ちょっと書いてみました。

昨今のカメラ撮影に携わる方の人口は、凄い数になるみた
いですね。特に男性が多いと聞きます・・・。

以前の会社で、良く遊びにいらしていたアマ・カメラマンさん
達とサロン的に、写真・映像に関して、議論(?)を交わしたり
していましたが、撮り手に寄って、その被写体の愛らしさや
擬人的であるかもしれないですが、被写体にその方の日頃
の心の感じ方が現れているような、その状況に共感を覚える
ような映像を撮っていらっしゃると思いました。

撮られた映像から被写体の愛らしい目付きや、鋭い目付き、
悲しい顔付きとか、被写体になっている人間は勿論、動物
でもそんな風に感じられる表情が撮られている写真には、
つい見ている側も同じような感情で自然に引き込まれます。

個人的には、恥ずかしながら、ファインダーを除いていて、
どんな場面を撮ろうかと迷うのは、そんな日頃の気持ちが
無表情過ぎるのでしょうか・・・?(無神経なのかな?)

同じサファリ・シーンでカメラを撮っていても、やはり撮る方
によってちょっとした動物達の行動シーンや表情が異なる
のは、それが原因かも知れませんね。狙っても腕が・・・で
撮れない場合もありますが・・・(笑)。

南アのとあるロッヂのブロガーもカメラを撮るという事で、心
の開放、そして非日常の美しさを感じ取ろうとありました。

そう言えばちょっと悲劇だったのは、昔話題になったカメラ
マンの自殺でしょうか。戦禍で飢餓に苦しんでいる、小さな
子供を狙っているハゲワシの写真でした。最後には彼は
自殺してしまったと・・・。何故助けなかったのかと厳しく非難
されて耐えられなかったのでしょうね・・・。

写真は、まだ臍の緒が付いた仔キリン子!この子はどんな
気持ちなんでしょうね~?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です