ボツワナの全体像


[サファリ]
[セレンゲティ国立公園]
にほんブログ村 旅行ブログ アフリカ旅行へブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ

ちょっと見難いかも知れません。中々良い地図が見付
からず、加工でもすれば良いのでしょうが、申し訳ない
です。悪しからず・・・!

如何せんボツワナはケニアやマダガスカルとほぼ同じ
日本の面積の1.5倍です。かなり広大な土地に、東西
南北に保護区等があります。

ボツワナのサファリはマウンからチャーター機で直接
宿泊先のairstripへ飛びます。宿泊先の移動も陸路
で行けない部分はもっぱら飛行機移動です。

タンザニアの南部も、ルアハやセルー間等の移動は
この方法によります。

それ以外の東部アフリカでは、公園や保護区へ向か
う際、陸路で長距離のガタガタ道を移動するのが通常
とされており、半日の時間を要するそれらの移動は、
多少なりとも疲労感が残りますので、アルーシャから
セレンゲティ国立公園やナイロビからマサイ・マラ国立
保護区へ飛行する際のストレス度の低さは云うまでも
ありません。

ただカメラをお撮りになる方々は、その撮影に必要な
望遠レンズ等一式の重量が、その他の手荷物と合わ
せて15kg以内と云う条件が気になるかと思います。

実際は現場で機長が判断して、後部座席や置ける
場所を指示してくれるので、置いて行かねばならない
様な事はありません(但しマサイ・マラへ行く場合は、
厳しく重量を量られ、オーバーした場合は、拒否され
ます)。

次回は、再度、セリンダ地区とリニャンティ地区、更
にはクワンド地区の詳細をお知らせしたいと思います。

写真は、ボツワナ全土の地図です。セリンダ地区の
明記がないので、ちょっと不満ですが・・・。分り易いかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です