タンザニア・セレンゲティ、ンドゥトゥ地区サファリ報告 7


[サファリ] ブログ村キーワード
[セレンゲティ国立公園] ブログ村キーワード
にほんブログ村 旅行ブログ アフリカ旅行へブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ

 

1-DSCN8336

 

 

 

 

 

 

今回はちょっと早目のupです。日曜日は私用でup出来
ないでしょうから・・・。済みません。

取り上げるのは、ゾウです。かなり大き目のゾウの群れが
いました。

最初の群れは40頭位でしょうか?仔供もいます。

こちらに来たいと意思表示をしているようですので、暫く
正面から対面出来るであろう道路で静かに待機していま
した。

徐々に群れがこちらに向かって来ては通り過ぎて行きます。
最後に現れたゾウが、この群れのボスでしょう。体躯も大きく、
牙も立派でした。

彼女の耳を広げた無言の圧力で、私達の車は静かに後退
を繰り返し、最終的には彼女に進路を譲りました。

その静かで有無を言わさずの圧力は荘厳なまでで、素直
に従いたくなりました。若いドライバーも騒がず、焦らずの
対応も見事でした。

昨年だったか、とある会社のツアー中余りにもゾウに接近し
怒りを買って、襲われてしまい、その恐怖を帰国後自慢気
に吹聴する方、トラウマになった方等がいらしたそうですが、
恐らくその当事者、ドライバーは、襲って来たゾウの動きに
対して読みが取れず、知らぬ間に彼女の進路に立ち塞がり、
怒りをかったのでしょう。

ゾウも結構しつこく復讐 ? するようですので、要注意ですね。

しかしこのような出来事を喜ぶのはもっての外です。最悪の
場合は死を覚悟する事になるでしょうね。

写真は偉大なるボスのメス・ゾウ。敢えて顔のド・アップです。
車の脇を静かに静かに何事もそこにはないように通り抜けて
行きました。賢者のゾウに完敗 ? です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です