白鳥と散弾銃の玉


[サファリ] ブログ村キーワード
[セレンゲティ国立公園] ブログ村キーワード

青森県内で2008~2012年度、怪我等で保護された白鳥53羽
の内、中毒を引き起こす鉛を過剰に体内へ取り込んでいる
個体が半数近くに上る事が、調査で明らかになったそうです。

鉛中毒は、貧血や神経障害等を引き起こす。中には正常に
動く事が出来ず、保護された直後に死んだ事例もあるそう
です。但し、症状の重い個体は、10年度以降は減少傾向と。
以前にもこの散弾銃の鉛害は取り上げたと思います。

過去に行われたHuntingの散弾銃の玉の可能性もあるが、今
後も見守って行く必要があるでしょうと調査団体は結んで
いました。

今鴨や鹿等今流行りつつあるジビエに関しても心配ですね。

写真は2頭の仔供を授乳中の母ヒョウ。このまま2頭育って
くれると良いですが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です