スイカの遺伝子操作と遺伝子組み換え植物


[サファリ] ブログ村キーワード

アフリカに自生するスイカから、乾燥した環境でも根が伸び
るのを促す働きを持つ遺伝子を発見したそうです。遺伝子を
他の農作物に応用すれば、乾燥に強いイネやトウモロコシ等
の開発が期待出来ると言います。

これも遺伝子操作、組み換えの一種になるのでしょうか?

もっとも自然体で得られた物を活用するので意味はちょっと
違うでしょうが・・・。

人間の赤ちゃんもデザイナーズ・ベイビーと称して、米国で
その遺伝子を事前に選択出来る法が許可され、遺伝子組み換
え作物の懸念も何のその、今後はSFの世界だけでなく、実際
の生物で人間の故意の意志で応用が効くような時代になるん
ですね。

確かに人類の正常な発達に危険を及ぼすような事態、自然現
象や身体の苦痛等は改善されるよう望みますが、好みで青い
目や金髪の子供が生まれるよう遺伝子を選択出来ると言う事
は以前にも取り上げましたが、由々しき事だと思います・・・。

植物も良かれと思った遺伝子操作物は、今後近い将来人類に
どのような影響を与えるか、実際アルゼンチンやブラジルで
の人間の子供の身体的症状を見ると得体のしれない恐怖を感
じます。

知らされていないから知る由もないですが、もっと声を大に
して危険性を見極めた方が良いのではないでしょうか?

写真は今9月にタランギレで見付けたアルビノ ? 奇妙な縞の
シマウマ。他の群れのシマウマもどっちかって言うと縞の色
が薄く細かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です