ケニアと米国の動きとリベンジ・ツアー


 

[サファリ] ブログ村キーワード

在ケニア日本国大使館から10月6日まで国際会議の行われる
カレン地区周辺には注意せよと発出していますね。

米国は、先のウエストランド、ショッピング・モール内での
お店の売却等、テロ一味の1年前から動きを知っていたよう
ですね。

ケニア政府が注意を怠ったと言っているようですが、それって
結果、犯人らしき連中を確認しながら、黙認して泳がせている
状況ではと不可思議な感じです。ま~米国がテコ入れする事も
もっと怖い結果になるかもしれないので、一概には言えません
が・・・。

それと米国の新年度予算が決まっていない事を受け、政府機関
の他に米国の国立公園等も封鎖になってしまったんですね~。
凄い事やりますね~。

ところで話は全く変わりまして、来年1月末のリベンジ・ツアー、
”究極のタンザニア・サファリ”は大韓航空を止めて、むしろ
ケニアを避けて、カタール航空で決定かもしれませんね。キリ
マンジャロ空港に直接入れるのもナイロビ市内の治安問題や、
国境を超えるための時間節約としても利点だなとも思えます。
でもそうすると航空運賃は大韓航空より3万位高くなります・・・。

今最終見積でリベンジ前と同様、ゾロ頭が痛いです・・・!(笑)

写真は来年のリベンジ・ツアー”究極~”で泊まろうと目論ん
でいる、今9月の壮大でも宿泊したパイオニア・キャンプの室内
です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です