ザンビア、リビングストンの列車


[サファリ] ブログ村キーワード

南アフリカでもブルー・トレインの部分復活が行われるよう
ですが、このザンビアのビクトリア滝沿いを走る蒸気機関車
は、正にそのコンパクト版とも言えるのでしょうか?

その名もローヤル・リビングストン・エクスプレス!

夕陽の中を走る列車も素敵ですが、モスィオトゥニャ国立公
園内を通り、西側出口から出ますので、運が良ければ、象や
白サイ、しまうまやその他羚羊類等々が見られる可能性もあ
りますとの事です・・・。

因みにモスィ・オ・トゥニャとは現地語? で”雷鳴轟く水煙”
の意味だそうですが、そうです、ビクトリアの滝の事で、ス
ワヒリ語でもモスィは煙の意味ですから、バントゥー系諸語
でしょうか・・・?

列車運行状況としては水・土曜日のみが確定です。

又、9月以降3月までの夏場は、17時から21時45分までのスケ
ジュールで、お泊まりのホテルからのお迎えとお送りまでで
所要時間は、全部で約4時半強でしょうか?

列車内のレストランでのお夕食は、92席のみですが、飲み物
とスナック程度でしたら5車両の160席が可能です。

お夕食には、スマート・カジュアルでとドレス・コードも添
えられています。

ただ単に列車搭乗のみのお客様でも、ワン・ドリンクは乗車
券代金に含まれているようです。

今回10月と12月にこの列車を組み込んでいるのが大韓航空の
キャンペーン商品
です。又、宣伝になってしまいましたが、
是非ご一緒しませんか~?

写真は、ローヤル・リビングストン・エクスプレスのオブザ
ベーション・カー(展望車)とレストラン内部です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です