ケニア、ナイロビ空港の第1ターミナルの火災


 

皆さん既に報道等でご存知のように、7日未明、ケニアの
ナイロビ国際空港で火事がありました。

この一番観光書き入れ時のこの事態は、かなり余談を許さ
ない状況で、日本ご出発のお客様から、現地からご帰国の
お客様までの処理を余儀なくされております。

それにしてもテロでないとは言い切れない ? 状況下ですが、
他に何も被害が出なかったのは良かったです。

但し、ターミナルの機能はもう当分復活不可能の有様です
ので、今後何時まで空港閉鎖が続くかは見当が付きません。

それに出発したとしても到着も出来ない場合は、現地のご
旅行に関しても取り消し料が派生してくるでしょうから、
当のお客様にとっても気が気ではない事態です。

道祖神の駐在員も昨日から終日てんてこ舞いです。それに
しても今日8日がタンザニアの祝日と重なり、ケニアも祝日
に、南アフリカもだそうで、簡単に連絡が取れなくなって
しまい、不運が続いています。

唯一大韓航空がバンコックやロンドン経由でナイロビ線を
ケニア航空との共同運行路線を活かして飛ばしている様です。

写真は敢えて火災のものではなくトーニー・イーグル
(草原ワシ)のどup。しかし猛禽類の目は鋭いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です