東部アフリカ大地溝帯の湖沼群


https://www.facebook.com/index.php

地球大地溝帯の中に小フラミンゴで有名なナクル湖、ボゴ
リア湖、エレメンタイタ湖(ほぼ私有地になっている)、
マガディ湖等の塩湖と、真水のナイバシャ湖が北から南へ
大地溝帯上に並んでいます。

最近は立て続けに大洪水が続き、湖の塩分が薄まり、彼ら
小フラミンゴが主に食用とする藻の生育が悪く、増えて来
ているティラピア等による被害も影響しているそうです。

タンザニアのエヤシ湖や、ナトロン湖もこの大地溝帯に位
置しています。

ケニアのナクル湖等の繁殖環境が悪い中、現在は、小フラ
ミンゴの唯一の繁殖地が、ナトロン湖とも言われています。

小フラミンゴとは餌の藻の種類が異なる大フラミンゴは、
むしろ、ナトロン湖よりもボツワナのマガディガディ・
パンの方が主要な繁殖地だそうです。

写真は、素晴らしい色彩のナトロン湖模様。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です