東部アフリカ、ザンビアでのサファリ


https://www.facebook.com/index.php

最近、南アフリカの旅行会社からザンビア・サファリへの
勧誘が目立ちます。

一時、貨幣価値も経済も現在のジンバブエの様に破綻して
以来、今はむしろジンバブエより早く復興して観光業も少
しづつ活気を取り戻しているようです。

国を紹介する観光宣伝頁には、ボツワナを彷彿とさせる自
然や動物の様が見られ、今現在ボツワナがかなりの富裕層
向けになっている状況からすると、ザンビアの方が人知れ
ずで穴場かもしれません。

昔の昔、ケニアのスワヒリ語遊学時代に、タンザニアへ向
かう第3国、経由国として、その当時のザイール(現在の
コンゴ民主共和国)にしようか、ザンビアにしようか迷っ
て、結果、やはりまだ国民性の穏やかな協力隊員のいるザ
ンビアにした経緯があります。

ザイールの川下りならぬ川上りをしたかったのですが、
やっぱり、サル食やら船上の長きに渡る生活に自信がな
かったからです。

でも正解だったと思います。

その時に寄ったカフエ国立公園は記憶も定かではないです
が、多分大した動物も見れなかったからでしょう・・・。
その際に行きそびれた南ルアングワが面白そうですが・・・。

ちょっと古い言い方ですが、サファリ的にはミーハー(!?)
ですが、ライオンやチーターと一緒にお散歩とか、象サファ
リもあります。

秋に大韓航空就航1年記念としてザンビア・サファリを企画
しています。順次公開して行きますので、是非ご期待下さい。

写真はライオンのプライド。1頭がもう起きろよと皆に頭を
擦りつけて挨拶、やっとカブ達も目を開けて・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です