又ケニアで黒サイが・・・!


https://www.facebook.com/index.php

6月20日付けのKWSのニュースですが、又アンボセリ国立
公園からツァボ国立公園へ向かうチュール・ヒルで黒サイ
の親子2頭が密猟の犠牲になったとありました。

昨日読んだ婦人会報紙には、適正なルートで入手した希少
な象牙の加工品を頒布とありました。

この適正なルートって何でしょうかね?

先週17日には、アンボセリで6kgの象牙が押収され、又21日
には40kgがナイロビの近郊で押収されました・・・。

相変わらず効用も不明なサイの角や、今だ細工品用に用い
られる象牙。

たったそれだけのために生命が奪われるのは、何ともやり
切れないですね。

方や歓迎されないのに、どんどん繁殖する外来種、又新た
に発見されたヒョウ柄の巨大ナメクジ・・・!

しかし、最近発見される毒を持った生物達、ヒョウ紋ダコ
やヒョウ柄ナメクジ等皆、ヒョウ柄が多いのは何故なので
しょうか?

何かヒョウ柄が悪者扱いされそうで・・・。

写真は、本家本元のヒョウ様の毛皮、美しい紋様です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です