オカバンゴ湿地帯でのライオンの奇妙な行動


https://www.facebook.com/index.php

この記事は、6月12日付けのアフリカ・ジオグラフィックの
ブログからの抜粋です。

何とあのボツワナ、オカバンゴの老舗、モンボ・キャンプの
位置するチフス・アイランドでの出来事で、4頭の若雄ライ
オンが1頭の雌ライオンを捉え、食べ尽くしてしまった記事
です。

テリトリー問題で争ったとしても、その度合を越して、列記
とした共食いの事実ですね。

ライオンのプライドでリーダーが没した後、そのプライドに
属する雌は、実験を持って、むしろ新しいリーダーを選択する
力を持って、不適切な雄を排除する事は良く知られていますが
ここまで争って、食べられてしまうとは・・・。

チーターやヒョウでもライオンに襲われ殺される事はあっても
その食べられた形跡を誰もまだ見ていないのか、まだ知られて
いないでしょう!

写真は、余り見たくないし、掲載したくないのですが、その凄
まじい光景写真。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

オカバンゴ湿地帯でのライオンの奇妙な行動


https://www.facebook.com/index.php

この記事は、6月12日付けのアフリカ・ジオグラフィックの
ブログからの抜粋です。

何とあのボツワナ、オカバンゴの老舗、モンボ・キャンプの
位置するチフス・アイランドでの出来事で、4頭の若雄ライ
オンが1頭の雌ライオンを捉え、食べ尽くしてしまった記事
です。

テリトリー問題で争ったとしても、その度合を越して、列記
とした共食いの事実ですね。

ライオンのプライドでリーダーが没した後、そのプライドに
属する雌は、実験を持って、むしろ新しいリーダーを選択する
力を持って、不適切な雄を排除する事は良く知られていますが
ここまで争って、食べられてしまうとは・・・。

チーターやヒョウでもライオンに襲われ殺される事はあっても
その食べられた形跡を誰もまだ見ていないのか、まだ知られて
いないでしょう!

写真は、余り見たくないし、掲載したくないのですが、その凄
まじい光景写真。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です