タンザニアの観光業全てにvat適用か・・・!


 https://www.facebook.com/index.php

今日休み明けで出社後、メールを開けて飛び込んで来た、
タンザニアのニュースは、え~又値段が上がるの~? と
云う驚きのニュースでした。

勿論まだ決定ではなく、会議の席上での話らしいですが、
財務省大臣がvat18%を観光分野に付加しようとの提案の
ようです・・・。

今迄免除されていた、以下の観光分野に今後は導入しよう
と言う事です。

1.Tourist Guiding(観光客ガイド業)
2.G
ame driving(ゲーム・ドライブ所謂サファリ)
3.
Water safaris(水に関するサファリ、即ち、カヌー、ボート等) 
4.Animal or bird watching(動物や鳥のウォッチング)
5.Park Fees(入園料)
6.
Tourist charter services(観光客向けのチャーター・サービス=
  空路による交通手段)
7.
Ground transportation(地上の交通手段)

タンザニアは公園・宿泊先・観光業者・観光客全てに対する
自然保護課金構想も、もう数年も前から実現させようとして
は、TATO(タンザニア・ツアー協会)に反対され、実施が
ある意味、延び延びになって来ていますが、この提案はどう
なるのでしょうか?

 反対されるのは必須でしょうけど、自然保護課金のような
課金はセレンゲティのような巨大化した公園の保護管理に
とっては必要と思われます。

ただ、今回のようなvatとなると、国の利益としての課金です
から、もしこれが決定となると、今後益々、タンザニアの
サファリ料金が高くなり、行き難くなりそうですね~。

南アフリカのvatのように、お土産とかの課金ではないので、
返金される訳でもないですから・・・。

憂鬱です。

写真はやっぱりヒョウです。感情を即、表情豊か表すのが
彼らヒョウですね。嫌なものは嫌~と。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です