イエローストーンまでの道程


https://www.facebook.com/index.php

今回もいつもと同じく、デルタ航空とアラスカ航空での乗り
継ぎで、シアトル経由ボーズマンの往復便を利用しました。

冬場は飛行ルートも時間帯も限られ、このルートが一番効率
が良く、楽です。

成田空港でのチェック・インは今や全部機械使用なので、皆
さん戸惑い、一人一人凄く時間を取られ、そこで搭乗券が出
たとしても、再度荷物をデルタ航空カウンターで預ける作業
が有り、面倒この上ないです。

又シアトルでは、相変わらず一旦荷物を引き出し、再度預け
る作業が有り、それ自体は至極簡単で、不安はないのですが、
未だに引き出さざるを得ない事自体が面倒です。

特に帰路に至っては、出国港のボーズマンでの安全チェック
があり、靴は勿論、サンダルまでも脱がされます。且つ、単
なる乗継地のシアトルでは、全身スキャンの機械で全員がX線
を浴びせさせられます。

その後に更に人間による身体チェックです。 

又自宅で荷物を開けると必ず、むかっと来る事は、米国税関吏
が開けた後の雑な仕舞い方です。

明らかに開けた薬の瓶から液体が漏れ、匂いが充満していたり、
ファスナーにビニールが挟まっていたりと如何にも乱暴です。

持ち主の居ない場所で秘密裏に開けるなら、幾ら忙しく大量に
扱うからといっても、もっと丁寧に扱って欲しいものです。

ボストン・マラソンでの爆発事故があったので、多少は厳しく
なっているとは想像していたものの、全く苛つきますね(笑)。

写真はシアトルの空港内。看板や掲示の表示が分り易いので、
多少シャトルでの移動があっても不安にはならないです。
因みにデルタはSターミナル、アラスカ航空はCターミナル。
Sターミナルには微妙なトッピングのうどん屋さんが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です