ウガンダの公園の特色


 

https://www.facebook.com/index.php

ゴリラはルワンダと同様マウンティン・ゴリラが最近は比較
的簡単にコンゴのローランドよりも短時間で見られているそ
うです。

池田はルワンダしか経験がないので、ウガンダも大変かと思っ
ていました・・・。

チンプはタンザニアでも見られますので、鳥と他の草食獣に
関しての特色を掲載しておきます。

アフリカの東部や南部、北部で良く見られるブッポウソウの
類ですが、その7種の内5種が見られるそうです。又ハチクイ
も15~16種の内12種が見られるそうです。

種類は映像でしか披露されなかったので、名前が良く分かり
ませんが、ウガンダの固有種は鳥類1050種の中でたった1種
との事、凄いですね。

チーターが唯一見られるのはキデポですが、ウガンダの内戦
時代に、ここからロスチャイルド・キリン(通称ウガンダ・
キリン)をケニアのナクル湖へ移送したそうです。白サイも
白黒コロブスも、何処かの国の移送動物ですね・・・。

今やフラミンゴの頭数も少なくなり、売り物がなくなって
来たのは残念な事ですが・・・。

写真、かってはこんなに長い牙の象がいましたが、どんどん
短くなっています。特にウガンダの象は短く、顕著だそう
です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です