ウガンダの公園状況


https://www.facebook.com/index.php

昨日4月10日、エコ・ツーリズムの一環で活躍されていらっ
しゃる写真家等多数の肩書きを持つAT氏の講演会がありま
した。

最初は、朴訥な喋りでご本人も慣れていらっしゃらないと
の事でしたが、最後の方は面白くて、久々の希少な情報に、
のめり込んで聞いておりました。

ウガンダの公園10ある中で9つに渡って、簡単な特色を述べ
て下さいました。ウガンダも捨てた物ではないですね。

それこそ恥ずかしながら、スウヒリ語遊学の前後に訪れた
アミン時代とアミン政権崩壊後のウガンダしか知りません
から、政権崩壊後の復活し繁栄した現在は殆ど知りません。

それこそ以前から、大代表のマーチソン・フォールズと
クィーン・エリザベスしかツアーにも組み込んでいません
でしたから・・・。

ルワンダと共に復興の早かったウガンダですが、国民性から
アミン時代のあの殺戮模様は一体何だったのだろうと思う程
真逆の状況に今でも不思議な感覚に陥ります。

さて本題ですが、先ずはバーダー天国で有る事。哺乳類でも
ゴリラやチンパンジー、更にはライオン(しかも木登りの雄!)
やチーター、ヒョウに至るまで観光客の喧騒全くなしで観察・
サファリ出来る稀有な国かと・・・。

もっともウガンダの1つの公園だけで全部が見られる訳では
ありません、幾つかの公園を空路で結びながら、周遊して
下さい。

キバレ、キデポやムブロ等は一度訪問する価値大ですね。
ツアーで組んでみたいですが・・・時既に遅しですね、もし
池田の後に継ぐ方がいらっしゃれば、お任せします !!

写真は、主たる滝(カバレガ)は残念ながら地震だったかで
2つに分岐してしまいましたが、その勇壮さは未だ健在です。
手前の岩場まで観光船が行ってくれます。昔はこの岩場で
降り立てたのですが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です