8月のタンザニア


https://www.facebook.com/index.php

8月のタンザニア、北部のセレンゲティ国立公園は乾季です。
推測170万頭居ると云われるヌー(牛カモシカ)の群れは、
乾季を避けて、雨の降った後の草を求めて、西部のコリドー
ル地区から北部のグルメテイ近辺を通って、ケニアのマサイ・
マラ国立保護区へ向かいます。

そうなると中型ネコ科のチーターやヒョウは、安心して地上
を歩き廻る事が出来ます。

ライオンは餌となるヌーやシマウマの近くにいようとします
が、中型の連中はなるべく距離を置き、踏み潰されないよう
に行動します。

そんな訳で、季節的により肉食獣達が見易くなって来ます,

他の草食獣も増えます。インパラやグラント・ガゼルやトム
ソン・ガゼル等ですね。

そう言えば、アンテロープとガゼルと羚羊とウシカモシカと
鹿の違いはなんでしょうか?非常に難しいですが、アフリカ
等草食獣がいる地域へ訪問する場合は一応知っておいても良
いでしょう・・・。

写真は大型羚羊のエランド。成熟したオスの美しさは又格別
ですが、シャイなので写真は中々難しいです・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です