7月のサファリ


 

https://www.facebook.com/index.php

動物達も観光客が沢山来ている時期は落ち着かないので
しょう。草食獣も肉食獣も余りこちらの期待したシーン
が見られる事が少ないように思えます。

やっぱり一時でも喧騒が引き、道路も空き、騒音も少なく
なった時期、彼らは彼らの習性を遺憾なく発揮して活発に
動いたりしてくれるものです。

そんな期待感を込めて、6月や7月の中旬前とか、8月の下
旬や9月~12月の上旬は、うってつけのシーズンかと・・・。

以前にも書きましたが、添乗員としての今までの中で一番
の悔しい想い出は、ライオンの乳飲み仔、生後1週間位が
たっくさん母ライオンに喰らいついている場面に出会った
のに、声も出ず、お客さんにもドライバーにも教えてあげ
る事が出来なかった事です!!

もう2度とあんな場面には出会えないでしょう・・・。

写真は大耳キツネの家族7頭がいた巣穴ですが、数頭が逃
げてしまった後でした、残念・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です