米国での狩猟


https://www.facebook.com/index.php

手元に昨年仕入れた、2,012年度版のオオカミのhuntingに
関する資料があります。

政府の発行する一般規則もさる事ながら、許可された地域、
その時期、往き方等事細かく記載された雑誌で、毎年1回
発行されています。

片や保護に携わり、片や狩猟に興じる米国を始めとする
人々の気持ちは分かりません・・・。

オオカミは一旦絶滅したとされ、カナダから移住までさせ
てやっとその保護が成功したと云うのに・・・。

銃による事故が相次いでも、銃を更に購入し続ける状態と
ある意味似ているような・・・。

しかも、料金が非常に安いのが驚きです。オオカミは非居
住国民は1頭USD$350、何と居住人は、たったのUSD$19
です! 他に多少の費用が必要とは思いますが、余りにも
安過ぎませんか ??

マウンティン・ライオン、即ちピューマですが、一般的に
その姿すら観察が非常に難しいのに、それをハントするっ
て・・・ !?

大いなる矛盾ですね !!

写真はバイソンが毛皮にツララをくっつけて・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です